徳島弁護士会

〒770-0855 徳島県徳島市新蔵町1丁目31番地
Tel.088-652-5768(月~金 9:00~17:00)

平成29年度会長よりご挨拶

徳島弁護士会のWebサイトにアクセスしていただき、ありがとうございます。
2017年度会長の山本啓司(やまもとけいじ)です。

徳島弁護士会には、2017年4月1日時点で96名の個人の弁護士会員が登録しています。
100名に満たない小規模な会ですが、私が登録した1999年と比べれば約2倍の人数になっています。私たちは、会員全員で力を合わせ、意欲的に活動していきたいと考えています。

ところで、みなさんは弁護士は何をしている人というイメージを持っていますか?
刑事裁判で、被告人のために弁護人として活動する人でしょうか?
代理人として損害賠償を請求して裁判を起こす人でしょうか?
これらも間違いなく弁護士の業務です。ですが、弁護士の業務はこのような裁判手続だけではありません。

弁護士には、弁護士法第1条で定められた使命があります。
それは、「基本的人権の擁護」と「社会正義の実現」です。そして、その使命のために、社会秩序の維持と法律制度の改善に努力しなければならないとされています。
弁護士会は、この弁護士の使命に関わる活動を支え、維持継続していくという役割を担っています。

徳島弁護士会には30を超える委員会があり、さまざまな公益活動をしています。
各委員会では、例えば、人権侵害事案への対応、刑事弁護に関する問題、消費者問題をめぐる課題、各種法律制定等に対する意見などについて、日々検討しています。
昨年度は、いわゆる「共謀罪」や民法の成年年齢引き下げについて、会長声明を出しました。
このような活動も、私たち弁護士、弁護士会にとって重要な業務なのです。

今後も徳島弁護士会は、弁護士法で定められた使命のために、意欲的に活動をしていきます。
どうか徳島弁護士会の活動にご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

2017年4月1日
徳島弁護士会
会長 山 本 啓 司